住宅の購入や立替をお考えになっている方々は、ハウスシック・ホルムアルデヒド・環境ホルモンなどを耳にした事があると思います。
汚染する化学物質として代表的なのがホルムアルデヒド(合板等の接着剤、防腐剤)その他にも、塗料や接着剤から出る有機溶媒や殺虫剤・防虫剤・防炎加工材などがあり、人によっては感受性が異なり、従来は安全とされた濃度で症状が出る「化学物質過敏症」問題になっています。

最近のメーカーは商品にFCO(EO)や抗菌という表示をしており、一般のビルダーでは、ハウスシック対策として使用しています。
FCO(EO)には、ホルムアルデヒド放出量の基準値を示したもので全く含まれていないという事ではありません。
(平成15年7月建築基準法によりハウスシック対策の改正)


現代の社会生活環境の変化、そしてバランスの悪化などが、昨今人間の本来持っている免疫力、抗体を弱くしているように感じます。
健康であれば、何でもないことが、ちょっとした事で頭痛や吐き気など様々な症状で苦しんでおられる方々が大勢居るのも事実です。
これからの住宅はこの諸問題をいかに解決するか、またどうするべきか考える時代へと変化しています。
大切な家族の為、永く住まれる家だからこそ真剣に考えてみてはいかがでしょうか?
私共はそんなご家族の為ご提案させていただきます。

※シックハウス症候群
新築やリフォーム時の住宅の室内環境、環境汚染によって生じる頭痛や吐き気、めまいなど様々な健康障害を引き起こす事。
一般的には化学物質の使用が直接の原因と言われているが、その他の原因として住宅の気密化なども考えられている。

シックハウスに関わる建築基準法の改正(シックハウス規制)
シックハウス対策のための規制の導入



1.内装仕上げの制限
居室の種類及び換気回数に応じて、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する健在の面積制限を行う。

2.換気設備の義務付け
ホルムアルデヒドを発散する健在を使用しない場合でも、家具からの発散があるため原則として全ての建築物に機械換気設備の設置を義務付ける。

3.天井裏等の制限
天井裏等は、下地材をホルムアルデヒドの発散の少ない建材とするか、機械換気設備を天井裏等も換気できる構造とする。

一戸建て住宅の対策
対策1 内装仕上
F☆☆☆の場合、床面積の2倍まで   F☆☆☆☆の場合制限なし
対策2 換気設備
換気回数0.5回/時の24時間換気システムを設置
対策3 天井裏等
次のいずれか _蔀錬董☆☆以上 天井裏などを換気 5ぬ層、通気止めで居室と区画

※伝統家屋(土壁真壁造りで天井・床に合板などを用いないもの)等については、内装仕上げの面積制限【対策1】のみを適用する。
※旧E2、FC2及び無等級の建材については、内装仕上材への使用を禁止する。
(F☆☆の建材については、局部的な内装仕上げに限定)

≪改正建築基準法における体系≫




Copyright © 2013 kuriharaconstruction Co.,Ltd. All rights reserved.