シロアリは住宅に使われる材料や畳などを食べる事があります。
その食害の範囲や部位によっては、構造的な問題(耐震性の低下など)を引き起こす可能性が大いに考えられます。
したがって、住宅の建造・リフォームを行っている当社の役割として、当然シロアリへの対策を練る必要性があります。
■シロアリ対策のポイント
“鏗欧忙蠅襪泙任陵祝
被害を最小限に抑える工夫
H鏗欧冒った場合の駆除などの適切な処置
上記の3点を踏まえ総合的に考えていく事が、適切なシロアリ対策へと繋がります。

“鏗欧忙蠅襪泙任陵祝
シロアリの被害のほとんどは、住宅に使われる木材にシロアリが到達した時点で始まります。
具体的には「土台」「束」「大引き」などです。
シロアリをここまで到達させなければ、シロアリによる被害は抑えられます。
このために行われる措置は以下の様な事が考えられます。
(理的にバリアを作る。
土壌等に薬剤処理を行う。
また材料(土台など)への薬剤処理がシロアリ対策に一般的に行われていますが、これも当然「予防」の効果があります。

シロアリは齧った部材に強い違和感を感じたり、それを食べた仲間が死ぬことで、その場所での活動を停止する体質があると考えられているからです。
ここで極めて重要な事は、どのような予防措置も「完璧ではない」ということです。
これらの中の措置が「完璧である」と過信してしまうと間違いを引き起こしてしまいます。
もちろんできる限りの予防措置は講じるべきですが、あくまでもそれは「予防」であり、それだけに頼らない姿勢が重要だと考えます。

被害を最小限に抑える工夫
予防策に「完璧はない」ということを考えたとき、被害を最小限に抑える工夫が必要となります。
これには、次のような事柄が考えられます。
1.木材にシロアリ対策の薬剤処理を行う。
2.シロアリに対し、強い樹木を施工の際の材料とする。
3.被害(蟻道)シロアリの活動が早期発見できるようにする。
木材に薬剤処理を行うことは予防的な役割とともに、被害を抑える働きをします。
またシロアリに強い性質をもつ樹木を使うことも同様です。
ここでとくに重要になってくるが、3.の「被害の早期発見」という考え方です。
早い時期に発見できるほど駆除などの対策も容易になり、また改修工事などを行った場合の金額も抑えられます。
早期発見のための対策として具体的には、「定期的に点検を行う」「床下のあらゆる場所を目視可能にしておく」というような内容になります。

H鏗欧冒った場合の駆除などの適切な処置
シロアリの被害が確認された場合、その被害の状況に応じて「部材を交換する」「駆除する」という措置が必要になります。
とくに構造的に重要な役割を果たしている部材が被害に遭っていた場合には、慎重で確実な措置が必要です。
また当然、今以上に被害を広げたり、被害の再発を防止するためにも確実に駆除を行わなければなりません。


栗原建設の具体的なシロアリ対策法
当社では、人体に悪影響を及ぼすような対策ではなく、家づくりによる工夫やひとのからだに負担のかからない手法をご紹介することで、施主様が入居後も安心してひき続き「家守り」として末永いお付き合いができる体制に務めていきたいと考えております。

優しさと暖もりにあふれた家づくりをしたいという住まい手の方々は、建物基礎下の薬剤での土壌処理(防蟻処理)や土台や柱の防腐・防蟻処理・防虫処理畳などには関わりたくないものです。

小さな虫だから死滅するだけで、からだの大きな人間は大丈夫かというと、決してそうではなく、僅かな健康被害であっても、長年住み続けることで次第に健康を損ね、体力の弱ったときには健康被害が出る事は多々ありますし、元々からだに抵抗力のない人には大変な問題が生じます。
そこで栗原建設のシロアリ対策としては、まず「物理的にバリアを作る」ことが最も大切だと考え、地面と接する基礎のコンクリートを一体打ちとして、継ぎ目の無いベタ基礎としています。
仮に土中にシロアリがいたとしても、打ち継ぎのないベタ基礎であればシロアリが建物内部に侵入するのは難しくなる筈です。
実はこのベタ基礎による手法は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)でも防蟻対策の手法の一つとして掲載されているものです。
更にベタ基礎コンクリート面と建物床との空間は、人が点検できる高さを確保していますので定期的に点検する事が出来ます。
また基礎から上の木構造部ではシロアリに強い木材を使うことも常識と言えます。
その他、シロアリを特定の容器におびき寄せ巣ごと根絶させるベイト工法(商品名:セントリコンシステム)
木炭を原料とした塗料の施工“ヘルスコ・キュアー”(独立行政法人森林総合研究所【九州支所】で過酷な防蟻テストに合格した商品です)
長年の経験と実績からお客様に合った施工方法をご提案させていただいております。

○シロアリについて

シロアリは雑食性の昆虫で、住まいの木材、レンガ、コンクリートや発砲スチロール(住宅の断熱材)など住まいの構造に重要な様々な部分を加害します。
木造住宅の耐久性や強度は、柱、土台などの住宅を支えている主要構造部がシロアリ被害をうけることによって低下しますので、住宅を長期に良好な状態で使用するためにはシロアリ対策はやはり大切なことだといえます。
住宅に被害を及ぼすシロアリで九州北部に生息しているのは、ヤマトシロアリ・イエシロアリの2種類がほとんどですが、アメリカ原産のアメリカカンザイシロアリというシロアリが見られることもあります。
蟻はシロアリとよく似ていますが、蟻は住宅に被害を及ぼさないのでシロアリと蟻を見分ける必要があります。その見分け方は以下の通りです。

◇羽アリと見比べる(繁殖期に飛びます)


◇シロアリの種類別での見分け方・特徴は以下の通りです。
■頭部の形状で見比べる


◇シロアリの加害進路イメージ
・イエシロアリやヤマトシロアリは土中から侵入し土台から束、大引き、そして柱と連続的に加害していきます。(下図左矢印参照)
・アメリカカンザイシロアリの場合は既に加害された家具などの持ち込みや外部から飛来してきますので加害される場所は様々です。


◇多くのシロアリの羽アリが繁殖期に巣から飛び立ちます(郡飛)時期は以下の通りです。


◇シロアリの特徴や習性・加害する箇所は以下の通りです。


Copyright © 2013 kuriharaconstruction Co.,Ltd. All rights reserved.